未就園児クラス(ひよこ・ぴよぴよ組)はこちら→

園の紹介

教育方針と目標

教育方針と目標

1. 強い体
2. 優しい心、がまんする心
3. 自分でやろうとする心

人間育成の根本である幼児教育を通して、イエス・キリストの愛の精神に基づく人間教育を目指し、モンテッソーリ教育を導入しています。

●手を合わせる心をもつ子ども
●思いやりのあるあたたかい心をもつ子ども
●善意のけじめがわかり行動できる子ども
●何事も最後までやり遂げる心も身体も強い子ども
●自分のことは自分でできる子ども
●挨拶・返事が素直にできる子ども

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育の神髄は50種類以上の教具提示と使用に秘められていると言われています。
「使ったものを元にもどす」ルールのもと、今日何をするかを考え行動できるようになることが目標です。
集中して、満足するまで丁寧にやり遂げる力が芽生えて行きます。
「年長さんと同じことがやってみたい!」「隣の子がやってることがおもしろそう!」と、子どもたちはいろんなものにチャレンジしています。

では、詳しくモンテッソーリ教育を見てみましょう!
モンテッソーリ教育へ→

実際にお子様と園の雰囲気を体験されてみませんか?
ようちえんであそぼう!(園庭開放)→

異年齢保育

3、4、5歳児を各クラスに編成することによって、年長組は優しさやおもいやりの心が育ち、年中・年少組は感謝の心、見て学ぶことの大切さを知るようになります。
年上の子どもたちへの興味・憧れからチャレンジ精神旺盛になり、新しことを覚えたり、子ども達同士で解決しようとしたり、年長児が困っているお友だちに教えあったりという能力が向上します。

体にやさしい給食

子どもたちにとって大切な食についても様々な願いと工夫が込められています。
・週に一度のがまん弁当(おにぎり・お漬物)
・無添加給食は昆布・鰹節・しいたけから出汁を取り(化学調味料は一切使っておりません)、防腐剤や保存料使用を避けて、昔ながらの手法で一品一品心を込めて調理されています。
↓給食お弁当のホームページ↓

※アレルギー対応を行っております

 

自然豊かな環境

当園は閑静な住宅に囲まれたところに位置しています。園庭にはビオトープが設けられ、自然の雨でめだか池となり藻が茂り、オブジェクトは木のぬくもりを感じ取れるようになっています。また、子供たちが生き物とふれあい、自然の持つ力を知ることで、「命の大切さ」「人と自然の関わり」を体感します。

 人間育成の根本である幼児教育を通して、イエス・キリストの愛の精神に基づく人間教育を目指し、モンテッソーリ教育を導入しています。
●手を合わせる心をもつ子ども
●思いやりのあるあたたかい心をもつ子ども
●善意のけじめがわかり行動できる子ども
●何事も最後までやり遂げる心も身体も強い子ども
●自分のことは自分でできる子ども
●挨拶・返事が素直にできる子ども
 

 

モンテッソーリ教育

 モンテッソーリ教育の神髄は50種類以上の教具提示と使用に秘められていると言われています。
 「使ったものを元にもどす」ルールのもと、今日何をするかを考え行動できるようになることが目標です。
 集中して、満足するまで丁寧にやり遂げる力が芽生えて行きます。
 「年長さんと同じことがやってみたい!」「隣の子がやってることがおもしろそう!」と、子どもたちはいろんなものにチャレンジしています。

では、詳しくモンテッソーリ教育を見てみましょう! モンテッソーリ教育へ→
実際にお子様と園の雰囲気を体験されてみませんか? ようちえんであそぼう!(園庭開放)→

異年齢保育

 3~5歳を各クラスに編成することによって、年長組は優しさやおもいやりの心が育ち、年中・年少組は感謝の心、見て学ぶことの大切さを知るようになります。
 年上の子どもたちへの興味・憧れからチャレンジ精神旺盛になり、新しことを覚えたり、子ども達同士で解決しようとしたり、年長児が困っているお友だちに教えあったりという能力が向上します。

体にやさしい給食

 お子さまたちにとって大切な食についても様々な願いと工夫が込められています。
・週に一度のがまん弁当(おにぎり・お漬物)
・無添加給食
 昆布・鰹節・しいたけから出汁を取り、化学調味料は一切使っておりません。
 防腐剤や保存料使用を避けて、昔ながらの手法で一品一品心を込めて調理されています。
↓給食お弁当のホームページはこちら↓
※アレルギー対応を行っております。

自然豊かな環境

 当園は閑静な住宅に囲まれたところに位置しています。
 園庭にはビオトープが設けられ、自然の雨でめだか池となり藻が茂り、オブジェクトは木のぬくもりを感じ取れるようになっています。
 また、子どもたちが生き物とふれあい、自然の持つ力を知ることで、「命の大切さ」「人と自然の関わり」を体感します。

 

教育方針と目標

1. 強い体
2. 優しい心、がまんする心
3. 自分でやろうとする心

 人間育成の根本である幼児教育を通して、イエス・キリストの愛の精神に基づく人間教育を目指し、モンテッソーリ教育を導入しています。

●手を合わせる心をもつ子ども
●思いやりのあるあたたかい心をもつ子ども
●善意のけじめがわかり行動できる子ども
●何事も最後までやり遂げる心も身体も強い子ども
●自分のことは自分でできる子ども
●挨拶・返事が素直にできる子ども

モンテッソーリ教育

 モンテッソーリ教育の神髄は50種類以上の教具提示と使用に秘められていると言われています。
 「使ったものを元にもどす」ルールのもと、今日何をするかを考え行動できるようになることが目標です。
 集中して、満足するまで丁寧にやり遂げる力が芽生えて行きます。
 「年長さんと同じことがやってみたい!」「隣の子がやってることがおもしろそう!」と、子どもたちはいろんなものにチャレンジしています。

では、詳しくモンテッソーリ教育を見てみましょう!
モンテッソーリ教育へ→

実際にお子様と園の雰囲気を体験されてみませんか?
ようちえんであそぼう!(園庭開放)→

異年齢保育

 3~5歳を各クラスに編成することによって、年長組は優しさやおもいやりの心が育ち、年中・年少組は感謝の心、見て学ぶことの大切さを知るようになります。
 年上の子どもたちへの興味・憧れからチャレンジ精神旺盛になり、新しことを覚えたり、子ども達同士で解決しようとしたり、年長児が困っているお友だちに教えあったりという能力が向上します。

体にやさしい給食

 子どもたちにとって大切な食についても様々な願いと工夫が込められています。
・週に一度のがまん弁当(おにぎり・お漬物)
・無添加給食は昆布・鰹節・しいたけから出汁を取り(化学調味料は一切使っておりません)、防腐剤や保存料使用を避けて、昔ながらの手法で一品一品心を込めて調理されています。
↓給食お弁当のホームページ↓

※アレルギー対応を行っております

 

自然豊かな環境

 当園は閑静な住宅に囲まれたところに位置しています。園庭にはビオトープが設けられ、自然の雨でめだか池となり藻が茂り、オブジェクトは木のぬくもりを感じ取れるようになっています。
 また、子どもたちが生き物とふれあい、自然の持つ力を知ることで、「命の大切さ」「人と自然の関わり」を体感します。