無添加給食
  


毎日の健康の大切さ

 




 毎日を健康で生き生きと送るためには、栄養(食事)・運動・休養の調和のとれた生活習慣を身につけることが必要です。子ども達は紫外線等と同様、大人より薬物にたいして感受性がつよいということは知られています。

 本園での毎日の給食は、化学調味料、保存料・香料・着色料などの添加物は一切使用しない調理です。

 また卵・乳製品の使用を避け、アレルギー体質の子も
他の子と同じものを食べて頂ける様に工夫しています。(アレルギー対応食品)
毎日違ったメニューでお届けしております。




週一度はがまん弁当で“食”への感謝も忘れません。

 週に一度は各家庭から「ご飯だけのお弁当」をご用意していただき、がまん弁当をみんなで食べます。好きな物を好きなだけ食べられるこの時代に、食べ足りないことを経験し"食"への感謝の教育も行なっています。


※がまん弁当

ご飯に梅干し、漬け物、ふりかけ程度のものだけでいただく日を設け、物の豊かすぎる現代に失われゆく感謝の気持ちや思いやりの心を養います。
 

ページトップへ